カスタムフィールドテンプレートとAdvanced Custom Fields

ワードプレスのメモ

カスタムフィールドを扱うプラグインとしては2トップ、

カスタムフィールドテンプレートとAdvanced Custom Fields。

どちらも素晴らしいプラグインだと思います。

カスタムフィールドテンプレート

設定がテキストベース。

最初は必要最低限の設定しかわかりませんでしたが、オプションの使い方が分かってくるといろんなことが出来るように。

インポート・エクスポートもテキストファイル。

「key」にハイフン”-“が使えちゃいます。

Advanced Custom Fields

設定はWYSIWYG。

分かりやすく、きめ細かい制御が出来ます。

フォームを本文エディタの上に配置、とか素晴らしい!

エクスポートはxmlファイル。インポートはワードプレスの標準インポーター。

「key」にハイフン”-“は使えません。

アドオンがいくつかあり、「サイト全体の設定画面が作れる」ような感じのものもある。

このアドオンに惹かれて、使ってみたくなりました。

「key」にハイフン”-“を使うかどうか

カスタムフィールドの「key」には、「ハイフン”-“は推奨しない」との一文をどこかで見た。

どこの誰が言っていたかは今や不明だけれど、汎用性を考えるとアンダースコア”_”が無難。

そこで、すべての「key」のハイフンを、アンダースコアに書き換えました。

テンプレートの書き換えもしなくてはならないので、結構な作業となりました。

リピート項目、マルチプル

双方、入力画面(固定ページや投稿の編集画面)で、ユーザーがフィールドを増やす設定が出来ます。(これは標準のカスタムフィールドにもあったような、、、)

カスタムフィールドテンプレートは、グループごと追加できちゃうようで、そのうち使ってみようと思っていますが、グループがチェックボックスを含んでいるとおかしなことになるとの記事を発見。惜しいな。

Advanced Custom Fieldsの方は詳しいことは未チェックです。

グループの複製

どちらも機能としては備えていないけれど、カスタムフィールドテンプレートはエクスポートしたテキストファイルを書き換えれば済むので、検索・置換であっという間に複製できます。

対してAdvanced Custom Fieldsは、

「エクスポートしたxmlファイルを開いて検索・置換で、複製できるよ」という記事も見かけやってみたのですが、これがうまくいかない。

書き換えたxmlファイルをインポートしたところ、グループ自体は複製されるのだけれど、そのなかの「key」が複製元と一緒。「title」「key」「option」を書き換えるだけではダメみたい。

管理画面内で改めて別の「key」名に上書きしてみたけれど結果は同じ。

なのでここで退却。

ココが解決できれば「Advanced Custom Fields」に乗り換えてもよかったんだけど、、、

 

というわけで、魅力的なアドオンはあきらめ、自力で「独自の、サイト全体の設定画面」の設置に取り組んだのでした。

(えらくつまづいたけど)