PHPファイルを更新できないケース

PHPワードプレスファイアーウォール管理画面

たまに出くわす、アレ。

「致命的なエラーをチェックするためにサイトと通信できないため、PHP の変更は取り消されました。SFTP を使うなど、他の手段で PHP ファイルの変更をアップロードする必要があります。」

WAF(Web アプリケーション ファイアーウォール)が原因のことが多いようです。

ロリポップで有効にしていると、外観 ⇒ メニューが変更できなくなるのが有名と思います。

(外観 ⇒ カスタマイズ ⇒ メニューで変更すると、更新できる場合もあり?)

 

さくらインターネットでも

さくらインターネットでも、WAF(SiteGuard)を有効にすると、PHPファイルが更新できなくなります。

開発途中なので困る!という場合は、WPのコアファイルをいじるとエラーが出なくなります。

WordPress テーマやプラグインが管理画面から更新できない場合の対処法

独自オプションも

独自に追加した「オプション」も更新できなくなります。

Forbidden
The server refuse to browse the page.
The URL or value may not be correct. Please confirm the value.

これは、上記記事のようにfile.phpからエラーチェックを削除してもNGです。

回避方法は難しそうなので放置しています。

公開後はそうそう変えることは無いので、まぁいいかと。

どうしても、というときは一時的にWAFを切らせてもらいます。