常用プラグイン

ワードプレスのメモ

無いと困るプラグインたち2016年版。

「一番いい、優秀」という基準ではなく、「問題がない、少ない」という基準で選んでいます。

「テーマを変えたら動かなくなった」とか、「プラグイン同士で喧嘩して挙動が不安定」だったものは消えていき、今のところ残っているもの、ということになります。

※紹介しているものはすべて公式ディレクトリにあるので、リンクは貼っていません。

 

Black Studio TinyMCE Widget

ウィジェットにビジュアルエディター機能を追加します。

ウィジェットに画像を入れたいとき、HTMLを編集させるのは避けたいときに使用。

アイキャッチ画像を使うとか、投稿の内容をそのまま出力するとか手段はほかにもありますが、一番シンプルでスマートに解決できるので必須。

 

WP PHP widget

ウィジェットにPHPを直接書くと実行してくれるプラグイン。

これがない場合の手間を考えると恐ろしい、というレベルで愛用。

テンプレートファイルに直接PHPを書けば同じことですが、それはあまりやりたくないです。

 

カスタムフィールドテンプレート(Custom Field Template)

カスタムフィールドを使いやすくしてくれるプラグイン。

このプラグインを入れてからカスタムフィールドの使い方を覚えたくらい。

定型文かと思えるほど「デフォルトのカスタムフィールドは使いにくいので、」という表現をよく見かけます。

これからカスタムフィールドを覚えよう、という場合はいきなり「カスタムフィールドテンプレート」を覚えちゃえばいい、と本気で思います。

 

Breadcrumb NavXT

いわゆる「パンくずリスト」を表示するもの。

これは他のものを試したことがないので良いのかどうかわかりませんが、おとなしく動いてくれています。

「設定が古いので更新せよ」とかアラートがしょっちゅう出ますが、作者さんがまめに更新しているしるし、と思って愛用しています。

 

Crayon Syntax Highlighter

記事中に、HTML、PHP、CSSをそのまま表示するときに使用。

<pre><code>〇〇〇</code></pre>

でもいいと思いますが、編集が少し楽になるので入れています。

 

Easy FancyBox

山ほどあるライトボックス系のプラグイン。

画像をクリックすると、ボヨンとズームされるアレです。

以前使っていたものが、テーマを変えた際に動かなくなったのでこれにチェンジ。

インストールするだけで動作するので満足。

カスタマイズ項目もありますが、ホトンドいじっていません。

 

Master Slider

いわゆるスライドショーを作るプラグイン。

これまた沢山存在する分野ですが、複数のスライドショーを持てる、管理がわかりやすい、という理由でお気に入り。

有料アップグレードすれば、投稿そのものをスライド表示することも出来るみたいですが、そういう場合は他に専門のプラグインがあるので無償のまま使っています。

 

MW WP Form

お問い合わせフォームなどを設置するプラグイン。

自動返信、フォームの細かい調整、スパム対策などの有無の理由で、Contact form 7から乗り換え。

今のところ十分満足していますが、さらに機能が必要になったら有償アップグレードしてもいいな、と思える出来です。

 

To Top

「ページの先頭に戻る」ボタンを追加するもの。

これも数多ありますが、以前使っていたものがいつの間にか動作しなくなったので乗り換え。

安定第一。

ボタンの位置、デザイン、細かい動作設定など変更できます。

 

PS Auto Sitemap

サイトマップを自動生成してくれます。

小規模なサイトなら手書きした方がすっきりしますが、それでは更新が必要なになってしまうので。

固定ページ一覧を出力すれば済む場合も多いかも。

 

プラグインに頼ると、関数とか勉強する機会が減るのでどうかとは思いますが、「今すぐはずせ」といわれたら泣いて謝る、というプラグインでした。